menu
医療法人土居循環器科内科

〒790-0923 愛媛県松山市北久米町242

089-975-3501
  • TOP
  • > 診療のご案内

診療のご案内

当院では、循環器科、内科の診療を行っております。

こんな症状ありませんか?

当てはまる症状がありましたら、早めの受診をおすすめします。

  • 血圧が高い
  • コレステロールが高い
  • 中性脂肪が高い
  • 血糖値が高い
  • ドキドキする、胸が苦しい
  • 脈が早い
  • 身体がだるい、しんどい
  • 疲労感が抜けない
  • 胸やけ
  • 立ちくらみ
  • 手足がしびれる
  • など

当院で対応している主な疾患

高血圧症など、主に5つの疾患に対応しております。各疾患の症状や治療方法など詳細は下記をご覧ください。

1.高血圧症

自宅で血圧を測定した時、健診で指摘され分かることが多い疾患で、自覚症状のない方がほとんどです。放置しておくと、脳出血や脳梗塞などを起こします。寝たきり(要介護5)の約30%はこの脳卒中が原因です。

高血圧には2種類あり、ほとんどが本態性高血圧と呼ばれ原因不明です。したがって根本的に治ることはありませんが、今では非常に効果の良い飲み薬が何種類もあり、ほとんどの方は良好にコントロールが可能です。根気よく薬を飲み続けて脳卒中を予防しましょう。
また、数%ですが、二次性高血圧と言われ外科的な治療により治る高血圧もあります。

2.高脂血症

健診などの結果でコレステロールや中性脂肪の高値を指摘されることがあります。自覚症状のある方はまず居ませんが、高い状態が続くと狭心症、心筋梗塞という動脈硬化性疾患を起こすことが分かっております。

吹田スコアという方法で、重症度を判断し、今後10年間の冠動脈疾患の発症%を求めることができます。そのほか負荷心電図検査や頚動脈エコー検査、脈波図(血管伸展性検査)などにより非観血的方法で動脈硬化の程度を調べられます。

また、基幹病院では直接カテーテルで検査をすることも可能です。効果的薬剤も多く開発されております。肥満のある方も多いので、薬剤による治療とともに食事を中心とした生活習慣を見直すことも大切です。これも気長く継続した治療が肝要です。

3.糖尿病

いろいろな病気の源流に糖尿病があると言われております。進行すると腎不全となり透析をしなければならなくなったり、網膜症となり失明したりするほか、心筋梗塞を起こしたり、血流が悪くなり足を切断しなければならなくなったりします。

血糖コントロール不良の状態が長期に及んだ場合、その後改心し頑張って治療を続けコントロールの良い状態になったとしても、すでに生じた臓器の障害は元には戻りません(遺産効果)。したがって、気付いた時から直ちに治療を開始しましょう。

インスリンの注射や薬剤の治療とともに、栄養指導も大切です。当院では、歯科と協力し栄養士による栄養指導も行っております。

4.心臓病

狭心症、心筋梗塞、心不全、弁膜症。高齢化の進展に伴い、これらの疾病も増えてきております。
カテーテルにより、冠動脈形成や弁置換などの高度な治療が可能となってきました。

急性期の治療は基幹病院で施行します。その後、落ち着いた状態になった時点で禁煙、高血圧、高脂血症、糖尿病などの危険因子のコントロールと抗血小板療法を基幹病院の主治医と連携して行っていきます。

5.不整脈

多種多様な不整脈があり、治療が必要なものも不要なものもあります。高齢化に伴い近年、心房細動が増加しております。これは脳梗塞やうっ血性心不全の原因となります。抗凝固療法により血栓を予防することが大切です。

また、重症不整脈の場合には、ペースメーカーや除細動器を体内に植込む手術が行われております。心電図、ホルター心電図(24時間心電図)、心エコー(超音波検査)などの検査で治療効果や経過観察を行います。

↑ PAGE TOP